[選手権予選]新潟決勝はともに初優勝懸けた開志学園JSC高vs加茂暁星に

ゲキサカ / 2014年11月14日 17時5分

 第93回全国高校サッカー選手権新潟県予選は8日、新潟市陸上競技場で準決勝を行い、ともに初優勝を狙う開志学園JSC高と加茂暁星高が決勝(15日、デンカビッグスワンスタジアム)進出を決めた。

 今夏の全国高校総体に出場した開志学園JSC高は北越高と対戦。0-0で突入した延長戦後半6分にMF関瑞樹が左足で決めて先制すると、10分にはPAでDFをかわしたFW寺前廉三朗が右足で決めて2-0で勝った。

 加茂暁星は新潟工高と対戦。オウンゴールで先制点を許した加茂暁星だったが、後半4分にMF百崎透が左足シュートをねじ込んで同点に追いつく。新潟工は延長前半10分にFW杉本和貴のゴールで再び突き放したが、加茂暁星はMF斎藤颯樹のヘディングシュートで同点に追いつくと、PK戦を8-7で制して10年ぶりとなる決勝進出を果たしている。

【新潟】
[準決勝]
開志学園JSC高 2-0(延長)北越高
加茂暁星高 2-2(PK8-7)新潟工高▼関連リンク
【特設】高校選手権2014
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング