J3初代王者に導いた金沢・森下監督「石川県民の後押しのおかげ」

ゲキサカ / 2014年11月16日 15時51分

[11.16 J3第32節 琉球0-1金沢 沖縄市陸]

 16日にJ3第32節が各地で行われ、沖縄市陸上競技場でFC琉球を1-0で下したツエーゲン金沢が、J2自動昇格となるJ3優勝を決めた。チームを率いる森下仁之監督は「純粋にうれしいのと、ちょっとホッとしていますね」と試合後のインタビューで語った。

 開幕から上位につけた金沢は第25節に首位に立つと、その後は一度も首位の座を明け渡すことなく優勝まで走り抜けた。指揮官は「選手に感謝しています」と話すと、初代J3チャンピンに輝いたことに関して「おそらく、初代チャンピオンというのはずっと残っていくと思うので、クラブにとって大きな一つの功績を残せたかなと思います」と喜びを表した。

 就任3年目を迎えての悲願達成に、「クラブから3年間やらせてもらえたことに感謝するとともに、本当に金沢の、石川県民の皆さんの後押し、声援があって、こういう結果になったので、皆さんの期待に応えられて良かったです」とクラブ、そして石川県民への感謝を口にした。

 初代王者に輝いたが、まだホーム最終戦となる相模原戦が残っている。「ホームでもう1試合残っているので、優勝チームに値するようなゲームを見せたい」と、ホームで躍動した姿を見せてシーズンを終えることを誓った。

▼関連リンク
[J3]第32節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング