名古屋一筋14年、MF中村が現役引退決断「素晴らしい経験ができた」

ゲキサカ / 2014年11月16日 18時40分

名古屋一筋14年、MF中村が現役引退決断「素晴らしい経験ができた」

 名古屋グランパスは16日、MF中村直志(35)が今季限りで現役を引退すると発表した。

 千葉県出身の中村は市立船橋高から日本大に進学し、01年に名古屋加入。その後、14年間を名古屋一筋でプレーし、10年にはリーグ初制覇に貢献した。12年にはヒザを負傷して出場機会は限られたものの、13年は20試合出場、今季も33節終了時点で17試合に出場しているが、先発出場は7試合にとどまっていた。J1での通算成績は341試合出場30得点(11月16日時点)。

 クラブを通じて中村は「このたび、今シーズンをもって現役を引退することを決断しました。01年からこの名古屋グランパスでプロのキャリアをスタートさせ、14年間日々精進し多くの試合に臨んできました。そしてプロサッカー選手として一つのチームでキャリアを終えられることをとても誇りに思います。ファン・サポーターの皆様には、これまでどんな時も僕のことを支えていただき本当に心から感謝しています。また10年にはリーグ優勝を経験する事ができ、プロサッカー選手として、とても幸せに思っています。こうした素晴らしい経験ができたのも、これまで僕を応援してくださった全ての皆様のお陰です。14年間本当にありがとうございました」とコメントしている。

●MF中村直志
(なかむら・なおし)
■出身地
千葉県船橋市
■生年月日
1979年1月27日(35歳)
■身長/体重
176cm/72kg
■出場記録※14年11月16日時点
J1:341試合30得点
カップ戦:54試合3得点
天皇杯:25試合4得点
ACL:17試合1得点

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング