[Fリーグ]大分が神戸を破り、首位・名古屋と勝ち点で並ぶ

ゲキサカ / 2014年11月17日 15時17分

[11.16 Fリーグ2014/15 第21節 大分 3-1 神戸 大分]

 Fリーグは16日、第21節を各地で行い、バサジィ大分はデウソン神戸に3-1で勝利した。首位の名古屋を追う大分は2試合ぶりの勝利で、勝ち点を45に伸ばして、同日府中に引き分けた名古屋と並んでいる。一方、神戸は8戦未勝利(2分6敗)となった。

 前半2分、アウェーの神戸はFP原田浩平が先制点を挙げる。対する大分も前半18分にFP冨廣洋平が同点ゴールを挙げて、1-1に追い付いた。

 1-1で迎えた後半4分、大分はFP仁部屋和弘が逆転ゴールを決めてリードを奪う。さらに、その40秒後にはFPディドゥダが追加点を決めて、点差を2点に広げた。このまま3-1で大分が勝利し、勝ち点3を上積みしている。

 次節、大分はアウェーで湘南と対戦する。一方、神戸はホームで浜松と対戦する。

バサジィ大分 3-1(前半1-1) デウソン神戸
<得点者>
[大]冨廣洋平(18分)、仁部屋和弘(24分)、ディドゥダ(24分)
[神]原田浩平(2分)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング