日本vsオーストラリア 試合後のアギーレ監督会見要旨

ゲキサカ / 2014年11月19日 7時5分

日本vsオーストラリア 試合後のアギーレ監督会見要旨

[11.18 キリンチャレンジ杯 日本2-1オーストラリア ヤンマー]

 日本代表は18日、キリンチャレンジ杯でオーストラリア代表と対戦し、2-1で勝った。後半開始から出場したMF今野泰幸が後半16分に先制点。同23分にはFW岡崎慎司が待望のアギーレジャパン初ゴールとなる追加点を決めた。後半アディショナルタイムに1点を返されたが、アジア杯前哨戦となった年内最終戦を白星で飾った。

以下、試合後のアギーレ監督会見要旨

●ハビエル・アギーレ監督
「この試合の目的は果たすことができたと思う。勝つことが目的だった。そして、サポーターの方々が喜んで帰路につくことを望んでいた。ホンジュラス戦と合わせて、アジア杯に向かうチームづくりの最後のところをしたいと思っていた。この合宿には新たな4人の選手が来た。遠藤、今野、乾、豊田。全員が応えてくれた。これで喜んで一度、家に帰ることができる。あとは12月29日にアジア杯に向けた合宿が始まり、そこからタイトルを守るディフェンディングチャンピオンとしての仕事が待っている」

―前半と後半でフォーメーションを変えたが、相手を見て思いついたのか? あらかじめ考えていたのか?
「前半のうちにシステムを変えた。(香川)真司をトップ下に持っていき、遠藤と長谷部のダブルボランチにした。相手のプレーもあるし、自分たちが快適にプレーできていなかったというのもある。サッカーはそういうもの。戦略のゲームだ。そして幸運なことにこのチームには複数のポジションをこなせる選手がいる。ホンジュラス戦も今日のゲームも、ベンチから入った選手がいいプレーを見せてくれた」

―システム変更後の選手のプレーは期待どおりだったか?
「中盤の形を変えた。それ以外のところは大きくは変えていない。中盤の底に1枚いて、その前に2枚いる形から、底に2枚で前に1枚という変更のみだった。前半は相手がかなり強いプレッシャーをかけてきたので、あまりボールをつなげなかった。我々はそれが90分間続かないという予測の下、プレーしたが、そのとおりになった。2得点が決まり、それ以外にも決定機があったが、それは決まらなかった。それもサッカーだ。ロッカールームにいた全員が喜んでいた。うれしい気持ちで家に帰ることができる」

―最後の失点については?
「失点というのは常に不快なものだ。私は常に無失点で終えたいと思っている。DFにもGKにも無失点で終わろうと話していたが、相手のプレーがよかったという側面もある。しかし、試合を通してディフェンスはいい仕事をしていた。オーストラリアは決定機を2回しかつくることができなかった」

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング