新潟が鮮やか3発逆転勝ち…F東京はシステム変更が裏目

ゲキサカ / 2014年11月22日 20時29分

[11.22 J1第32節 F東京1-3新潟 味スタ]

 アルビレックス新潟が敵地でFC東京に3-1で逆転勝利を飾った。 新潟は2ぶりの勝利で順位を11位に上げた。

 先制はFC東京だった。前半7分、右サイドでFWエドゥーが粘ってクロスを入れると、MF河野広貴がスライディングで押し込み、試合を動かした。

 しかし新潟は前半33分、MF田中亜土夢の縦パスで抜け出したFW指宿洋史が右足弾を蹴り込むと、後半24分にはMFレオ・シルバが直接FKを蹴り込み逆転に成功。同33分には田中亜の縦パスに反応したMF山本康裕がスライディングで押し込みダメを押した。

 柳下正明監督も「失点してしまったけど、その後自分たちから積極的に仕掛けた。最後まで走り切ったし非常に良かった」と話し、逆転勝ちに白い歯をこぼした。

 逆転負けで3戦勝ちなしとなったFC東京は、8位に後退。先制点を奪いながら、前半途中にシステム変更を行ったことが結果的には裏目に出てしまった。マッシモ・フィッカデンティ監督は「サイドが崩されていたので、両SBの太田(宏介)と徳永(悠平)を上げて、後ろを3枚にして対応した」と意図を説明。しかし結果に結びつかなかったことで表情を曇らせていた。

▼関連リンク
[J1]第32節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング