次節残留懸けた大一番も平常心の大宮MF家長「いつも通りに」

ゲキサカ / 2014年11月22日 22時38分

[11.22 J1第32節 大宮1-2柏 NACK]

 キックオフ約2時間前、スタジアム外の歩道には大宮アルディージャの選手バスを待つサポーターが溢れていた。「スタジアム入りするときに、たくさんのサポーターの方に応援歌を歌っていただいて、選手にも、私にもすごい力をいただきました」。試合後の会見に現れた渋谷洋樹監督は開口一番、サポーターへの感謝の意を示した。

 オレンジに染まったスタジアムがこの日一番揺れたのは前半終了間際、MF橋本晃司がJ1初ゴールを記録したシーンだった。同点に追いついたハーフタイム、このまま勢いに乗りたいところだったが指揮官からの指示が劣勢を招いたと自ら分析する。「後半の入りのところで失点してしまったことを非常に残念に思う。それでも選手たちは『前へ、前へ』という私の指示をやろうとしましたけど、バランスが大きく崩れてしまった。勢いを持たせるために言ったことが逆になってしまったと感じています」。攻めては前線へのボールが柏守備陣寸断され、守っては柏のFWレアンドロにスペースを自在に使われてしまった。後半は完敗だった。シュート数に目を向ければ1対8。その1本は、後半アディショナルタイムから出場したFW長谷川悠によるものだった。

「いまは勝ち点3が求められていると思うので、非常に残念です」。キャプテンマークを巻くMF家長昭博はホームでの敗戦を悔やむ。橋本晃へのアシストを記録したものの、柏のダブルボランチと対面のDF橋本和に常に監視され、ゴールに近い位置でのプレーは限られた。「毎日できることをやるだけ。試合になれば、いつも通りにやることが大事」と平常心でいることを強調する。

 今節の結果を受けて、勝ち点35の14位仙台と15位清水との勝ち点差は3に。次節・名古屋戦での結果如何では、降格の可能性もある。2004年の昇格以来一度もJ2降格をしていない大宮、今年も残留をはたすことができるのか――。

(取材・文 奥山典幸)
▼関連リンク
[J1]第32節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング