10人ユーベ勝ち点3、ローマも逆転勝ち

ゲキサカ / 2014年11月23日 12時30分

10人ユーベ勝ち点3、ローマも逆転勝ち

 セリエAは22日、第12節1日目を行った。首位のユベントスは敵地でラツィオと対戦。ユベントスは前半24分にMFポール・ポグバの右足弾で先制。後半10分にはFWカルロス・テベスの今季9点目で加点。同19分にはポグバがこの日2点目を決めて、ダメを押した。同25分にはMFシモーネ・パドインが2枚目のイエローカードを受けてしまい退場となるが、逃げ切ったユベントスはリーグ3連勝を決めた。

 2位のローマは敵地でアタランタに2-1で勝利。開始1分にMFマキシミリアーノ・モラレスに先制点を決められたローマだが、同23分にMFアデム・リャイッチが同点弾を決める。同42分にはリャイッチのアシストからMFラジャ・ナインゴランが決めて逆転に成功した。

 セリエAは23日、ミラン対インテルの「ミラノダービー」など第12節2日目を行う。
▼関連リンク
セリエA2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング