久保途中出場のヤングボーイズはAT弾で劇的勝利!

ゲキサカ / 2014年11月24日 1時58分

[11.23 スイス・スーパーリーグ第16節 トゥーン0-1ヤングボーイズ]

 スイス・スーパーリーグは23日、各地で第16節を行った。FW久保裕也の所属するヤングボーイズは敵地でトゥーンと対戦し、1-0で勝利した。9月28日の第10節チューリヒ戦以来、5試合ぶりのベンチスタートとなった久保は、後半38分から途中出場している。

 ヤングボーイズは前半10分、右サイドの深い位置からFWアレクサンダー・ゲルントが折り返したボールをFWギヨーム・オアロが右足で押し込んで、先制点かと思われたが、ゲルントが折り返す前にラインを割っていたとしてノーゴール。前半終了間際にもFKの流れからFWセク・サノゴが決定的なシュートを放ったがGKの好セーブに阻まれ、スコアレスで前半を終えた。

 後半も試合の主導権を握ったのはヤングボーイズだったが、シュートの精度を欠き、1点が遠い。同28分、DFヤン・レツヤクスのFKからDFミラン・ビロティッチのヘディングシュートはクロスバーを叩いた。このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム3分、右からのクロスをオアロが打点の高いヘディングで押し込んで、1-0でヤングボーイズが劇的な勝利をつかんだ。
▼関連リンク
欧州組完全ガイド

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング