[CL]シャルケ5失点…古巣に完敗の指揮官「相手をリスペクトしすぎた」

ゲキサカ / 2014年11月26日 15時43分

[CL]シャルケ5失点…古巣に完敗の指揮官「相手をリスペクトしすぎた」

[11.25 欧州CLグループリーグ第5節 シャルケ0-5チェルシー]

 日本代表DF内田篤人の所属するシャルケ(ドイツ)は25日、チェルシー(イングランド)と対戦し、0-5で敗れた。シャルケはG組3位に転落した。

 古巣対決に敗れたロベルト・ディ・マッテオ監督は試合後、「相手をリスペクトしすぎた。攻撃的に試合を運ぶことができなかったし、プレスも不十分だった。さらに相手も最高のパフォーマンスを発揮していた」と話した。『ミラー』がコメントを伝えている。

 ホーム戦で完敗を喫した。開始2分で先制を許すと、前半だけで3失点。後半も効率よく突き離されてしまった。

 ただまだ決勝トーナメント進出の可能性がなくなったわけではない。ディ・マッテオ監督は「最後の試合を勝って、スポルティングが敗北することを願わなければならない。今はとにかく次の試合に集中することだ。なにがあっても勝たなければならない」と気合を入れ直した。
▼関連リンク
欧州CL14-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング