[CL]ドルトムントDF「勝って首位通過を決めたかった…」

ゲキサカ / 2014年11月27日 9時43分

[CL]ドルトムントDF「勝って首位通過を決めたかった…」

[11.26 欧州CLグループリーグ第5節 アーセナル2-0ドルトムント]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は26日、第5節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)は敵地でアーセナル(イングランド)と対戦し、0-2で敗れた。引き分け以上で首位通過が確定するドルトムントだったが、勝利することはできず。一方、アーセナルは2位以上を確定させ、グループリーグ突破を決めた。

 試合後、独紙『ルールナハリヒテン』によると、ドルトムントのDFネベン・スボティッチは「勝ちたかった。勝って首位通過を決めたかったからね。それでも、早い時間に先制点を与えてしまい、難しい展開をつくってしまった」と試合を振り返った。試合は前半2分に先制を許すと、後半12分にも失点。ゴールが遠く、そのまま零封負けを喫した。

「相手に攻撃するチャンスとスペースを与えすぎてしまった」。そう悔やむスボティッチは「今日の僕たちは勝利に値していなかった。常に何かが不足している状態だったんだ。僕らの力は第1戦(アーセナルに0-2で勝利)で示したものなはずだけど、それには及ばなかった。僕らはもっと良いプレーができるはずだし、それが目標だ」

 欧州CLでは4連勝でグループリーグ突破を決めていたドルトムントだが、この日は1点が遠く、0-2の零封負けで初黒星。一方のアーセナルは、3勝1分1敗の勝ち点10に伸ばして2位以内が確定し、決勝トーナメント進出を決めた。首位ドルトムントとアーセナルの勝ち点差は「2」。首位通過の懸かる最終節ではドルトムントがホームでアンデルレヒト(ベルギー)、アーセナルが敵地でガラタサライ(トルコ)と対戦する。

▼関連リンク
欧州CL14-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング