“大久保2世”白谷が現役引退表明

ゲキサカ / 2014年11月29日 12時19分

“大久保2世”白谷が現役引退表明

 FC町田ゼルビアは29日、FW白谷建人(25)が今季限りで現役を引退すると発表した。クラブによると、白谷はすでにチームの練習から離れているが、12月14日のシーズン終了報告会には参加するという。

 白谷は1989年6月10日生まれ、京都府舞鶴市出身の25歳。国見高時代は“大久保嘉人2世”と騒がれ、2008年に先輩と同じ道を辿るようにC大阪に入団した。世代別代表に選ばれるなど活躍したが、クラブでの出場機会は伸び悩み、10年から水戸、岡山、熊本とJ2クラブを転籍。13年シーズンからは町田に籍を置いていた。

 クラブを通じ白谷はコメントを発表。「今年で現役を引退することを決意しました。プロサッカー選手として過ごせた7年間、色々な経験をすることができ、サッカーをしてきて本当によかったと思える日々でした。次のステージではこの経験を生かし、感謝の気持ちを忘れず頑張ります。ありがとうございました」と感謝を語った。

 また町田はFW木島徹也(31)の契約満了による退団も発表している。

以下、プロフィール
●FW白谷建人
(しらたに・けんと)
■生年月日
1989年6月10日(25歳)
■身長/体重
177cm/72kg
■出身地
京都府舞鶴市
■選手経歴
小倉南FC→国見高→C大阪→水戸→岡山→熊本
■通算成績
J2通算:61試合試合7得点
J3通算:1試合0得点
JFL通算:5試合0得点

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング