逆転V逃した鹿島セレーゾ監督「クソみたいな気持ち」

ゲキサカ / 2014年12月6日 20時41分

[12.6 J1第34節 鹿島0-1鳥栖 カシマ]

 結果論だとしても悔しさは募るばかりだった。鹿島アントラーズは勝てば他会場の結果次第で逆転優勝の可能性もある他力の状況で最終節を迎えたが、結果は鳥栖に0-1の敗戦。この日、首位G大阪が引き分け、2位浦和が敗れたため、“条件”は満たしていた。もしも2点差以上で勝っていれば、タイトルは鹿島に転がり込んでいた。

「試合が終わって、他の結果を知って、つかめていたタイトルだったなと。他力だったけど、上の2チームの結果を見ると、自分たち次第だった」。DF昌子源は率直に試合を振り返った。

 試合後に行われたホーム最終戦セレモニーではトニーニョ・セレーゾ監督も悔しさを隠さなかった。就任1年目の昨季も最終節まで優勝の可能性を残していたが、最終節で広島に敗れて目の前で優勝を決められ、勝ち点4差の5位。今季も最後まで可能性を残しながら、優勝したG大阪に勝ち点3差の3位フィニッシュが確実となった。

「去年、今年と、もう少しのところでタイトルを逃している。2年連続であと少しという結果に終わり、悔しさしか残らない2年間だった」。世代交代を進めながら、同時に結果も残してきたセレーゾ監督は「選手はそろいつつある。遠ざかっているタイトルに1日でも早く近づけるように、謙虚さを持って努力を続けていきたい」と来季への決意も述べたが、やはりこの日の悔しさは簡単には消えないようだった。「この敗戦のあとでは、言い方は悪いが、クソみたいな気持ちだ」。通訳を介した指揮官の偽らざる本音だった。

(取材・文 西山紘平)
▼関連リンク
[J1]第34節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング