首位チェルシーがニューカッスルに敗れて、今季初黒星

ゲキサカ / 2014年12月7日 14時34分

首位チェルシーがニューカッスルに敗れて、今季初黒星

[12.6 プレミアリーグ第15節 ニューカッスル 2-1 チェルシー]

 プレミアリーグは6日、各地で第15節を行い、ニューカッスルはホームに今シーズン無敗で首位に立つチェルシーを迎えた。試合は2-1でニューカッスルが勝利し、チェルシーの無敗は14試合で止まった。

 立ち上がりに攻め込んだチェルシーは、前半11分にMFウィリアンがゴールを狙ったが、枠を捉えられない。対するニューカッスルも反撃に出るが、両チームともに得点を挙げられないまま前半を折り返した。

 後半12分、ニューカッスルが試合を動かす。左サイドからのクロスが相手DFに当たってこぼれたところをFWパピス・シセがゴールに押し込み、先制点を挙げる。

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、後半22分にDFフィリペ・ルイス、FWディディエ・ドログバの2人を同時に投入。最前線にFWジエゴ・コスタとドログバを並べてニューカッスルに圧力を掛けたが、得点を挙げられない。

 逆にニューカッスルは後半33分、カウンターからシセが2点目を決めて、勝利を大きく引き寄せる。ところが、同36分にDFスティーブン・テイラーが2枚目のイエローカードを受けて退場となってしまう。

 数的優位を得たチェルシーは、後半36分にMFセスク・ファブレガスのFKからドログバが1点差に詰め寄るゴールを決めた。その後も猛攻を見せたが、6分のアディショナルタイムでもシュートはGKの正面を突き、同点に追い付けず。今季、ここまで無敗だったチェルシーだが、シーズン初黒星を喫している。
▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング