[Fリーグ]名古屋が後半の2ゴールで大分に勝利、連敗の大分は3位後退

ゲキサカ / 2014年12月8日 18時34分

[Fリーグ]名古屋が後半の2ゴールで大分に勝利、連敗の大分は3位後退

[12.6 Fリーグ2014/15第24節 大分2-4名古屋 べっぷ]

 Fリーグは6日、第24節を各地で行い、バサジィ大分と名古屋オーシャンズが対戦した。FPシンビーニャに続き、FP北原亘も負傷で欠くことになった名古屋だが、2-2で迎えた後半に2ゴールを挙げて、4-2で大分を下している。

 前節、仙台に不覚をとった大分は、キックオフからわずか37秒で日本代表FP小曽戸允哉が先制点を決める。しかし、名古屋も鉄人FPペドロ・コスタのゴールで追いつく。同15分には大分のFP田村龍太郎が追加点を挙げたが、同18分には再びペドロ・コスタがゴールを決めて、2-2で前半を折り返した。

 後半に入ると、FPセルジーニョが追加点を挙げて、名古屋がこの試合で初めてリードする。そのまま試合が推移すると、大分は試合終盤にパワープレーを開始する。しかし、反撃に耐えた名古屋のGK篠田龍馬がパワープレー返しを決めて、名古屋が4-2で勝利。勝ち点を54に伸ばして、大分との差を6に広げた。名古屋は3連勝で6戦無敗。2連敗を喫した大分は、3位に後退している。

 12月12日から14日に横浜国際プールで行われるセントラル開催で、名古屋は13日に町田と14日に湘南と対戦する。一方、大分は13日に大阪と、14日に町田と対戦する。

バサジィ大分 2-4(前半2-2) 名古屋オーシャンズ
<得点者>
[大]小曽戸允哉(1分)、田村龍太郎(15分)
[名]ペドロ・コスタ2(5分、18分)、セルジーニョ(33分)、篠田龍馬(40分)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング