J3最下位YS横浜が有馬監督の続投を発表

ゲキサカ / 2014年12月9日 11時54分

 Y.S.C.C.横浜は9日、有馬賢二監督()42と契約を更新すると発表した。J3リーグ1年目の今季は4勝12分17敗で最下位だった。

 吉野次郎理事長は続投理由について「『人は育つ。組織は人を育む土壌を作ることが役割。』このように信じて活動しております。シーズンインを迎えた今年の1、2月はお借りしているグラウンドに大雪の影響が出る中、手探り状態でリーグ戦に突入。難しい試合を強いられる中、6月1日の町田ゼルビア戦を境に、取り組みを変えたことにより、黒星が減ったこと、終盤の第27節から第32節までフットボールの内容、特に攻撃性に変化が生まれた事を評価しております」と説明。有馬監督は「選手は、可能性のあるプレーを見せてくれました。その選手達とともに来期も引き続き指揮をとらせて頂ける事に誇りを持ち、応援して下さる皆さまに、期待して頂ける試合をお見せ出来るよう、選手・スタッフと共に、戦い抜きたいと思っております」と意気込みを語っている。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング