3年連続4回目のフェアプレー賞高円宮杯受賞の広島、森保監督「選手を誇りに思う」

ゲキサカ / 2014年12月9日 20時7分

3年連続4回目のフェアプレー賞高円宮杯受賞の広島、森保監督「選手を誇りに思う」

 Jリーグは9日、横浜アリーナで「2014 Jリーグアウォーズ」を開催した。フェアプレー賞 高円宮杯はサンフレッチェ広島が3年連続4回目の受賞。チームを率いる森保一監督は、3年連続での受賞に「今年も素晴らしい賞を頂けて、心より感謝しています」とあいさつした。

 森保監督は「選手が試合の中、勝利を追求する姿勢を持ち、その中で激しく厳しくプレーし、その中でも相手選手、審判をリスペクトするフェアプレー精神を持ち続けたからだと思います。選手たちを誇りに思います」と選手たちを称賛した。しかし、3年連続での優勝を逃したことで、「過去2年間は優勝とともに、この賞を頂きました。これからもフェアプレー精神を忘れず、結果を追求して頑張ります」とフェアプレー精神を持ちながら、来季の覇権奪還を誓った。

 広島のほか、フェアプレー賞(J1)をベガルタ仙台、浦和レッズ、横浜F・マリノス、アルビレックス新潟、徳島ヴォルティスが、フェアプレー賞(J2)では松本山雅FC、ギラヴァンツ北九州、京都サンガF.C.、ファジアーノ岡山、モンテディオ山形、湘南ベルマーレ、ザスパクサツ群馬、ジュビロ磐田が受賞した。また新設されたフェアプレー賞(J3)では福島ユナイテッドFC、AC長野パルセイロ、藤枝MYFCが受賞している。

(取材・文 折戸岳彦)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング