来季こそ優勝を…浦和が柏DF橋本と仙台FW武藤の獲得を発表

ゲキサカ / 2014年12月12日 11時37分

来季こそ優勝を…浦和が柏DF橋本と仙台FW武藤の獲得を発表

 浦和レッズは12日、柏レイソルのDF橋本和(28)とベガルタ仙台からFW武藤雄樹(26)をそれぞれ完全移籍で獲得したと発表した。今季は惜しくもリーグ2位で終えた浦和。万全の補強で、来季こそリーグタイトルを狙う。

 2選手はクラブを通じコメントを発表。橋本は「浦和レッズは日本で一番大きなクラブです。その一員になれたことをうれしく思います。チームに貢献できるようがんばりますので、応援よろしくお願いします」。武藤は「来年はJリーグ、ACLともに優勝を目指し、チームの勝利に貢献できるようがんばりたいと思います。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

 また古巣となるクラブからもコメントを発表。橋本は「6年間大変お世話になりました。J2降格という辛い出来事もありましたが、その後は何度も優勝してその倍以上に嬉しい経験をさせてもらいました。レイソルサポーターの皆さん、来シーズンから違うチームでプレーしますがこれからも橋本和のことを覚えていてくれたらとても嬉しいです。本当にありがとうございました」。

 武藤は「来シーズンから浦和レッズでプレーすることになりました。仙台でプロのキャリアをスタートさせ、この4年間で優勝争いやACLなど、とても多くの貴重な経験をさせていただきました。この経験を活かして来シーズンもプロサッカー選手としてより成長できるように頑張りたいと思います。この4年間いつも熱い応援をして下さったサポーターの皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」と感謝を語った。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング