[プレミアリーグ参入戦]静岡学園は選手権へ向けて「上出来」の3発

ゲキサカ / 2014年12月14日 21時28分

[プレミアリーグ参入戦]静岡学園は選手権へ向けて「上出来」の3発

[12.14 高円宮杯プレミアリーグ参入戦1回戦 履正社高 4-3 静岡学園高 コカ広島ス]

 4失点は全てセットプレー絡み。川口修監督は「プレゼントのような失点ばかりだった」と苦笑いし、全国高校選手権へ向けて課題を残した静岡学園高だったが、指揮官は「1試合3点取れればいいと思っている。上出来」と攻撃面については前向きだった。静岡学園は2年ぶりのプレミアリーグ復帰がかかっていたものの、今大会は選手権への準備の一環として全てをつぎ込むことはしなかった。主力のDF石渡旭主将とMF本藤風太(ともに3年)は怪我明けの影響で先発を外れ、DF光澤和人(3年)と選手権県大会決勝でゴールを決めているFW安原俊平(3年)はベンチからも外れていた。

 さすがに主力数人を欠いた状況だった前半は思うようなサッカーができず、中央、サイドの攻撃を封じられ、クロスは簡単に跳ね返された。それでも石渡や本藤、MF大坪岳、MF小寺将意(ともに3年)を相次いで投入した後半はショートパス、ドリブルで仕掛ける回数が増加。0-2の10分にMF西山大輝(2年)のスルーパスからMF名古新太郎(3年)が左足シュートを叩き込むと、その3分後にはMF荒井大(2年)のアーリークロスにFW加納澪(2年)が飛び込んで連続ゴールを挙げた。そして再び2点差とされて迎えた後半39分には小寺のラストパスから本藤が右足シュートを決めて3点目。川口監督は「(ベンチ入りした前監督の井田勝通)監督も『攻撃は大丈夫だ』と言っている。(きょうは)サイドへ行かせてくれなかった。もっと中へ中へいけないといけない」。攻守に課題を残したものの、全国大会を前に確認できたことを前向きに捉えていた。

 例年に比べると今年は技術面で劣る。それでも高校選手権静岡県予選では泥臭く勝ちにこだわって、堅守速攻型のスタイルで優勝。ただ、全国大会ではそのスタイルだけで臨むつもりはない。まだまだ名古を除くと、個で打開する回数は少ないものの、ショートパス、ドリブルで崩す伝統のスタイルの向上が見えてきている。選手権で上位を狙うチームは準備を進めて、1月に全国を驚かせる。

[写真]後半39分、静岡学園は本藤が右足シュートを決めて1点差

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
2014プレミアリーグ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング