[プレミアリーグ参入戦]「NIKE CHANCE」で世界挑戦した履正社FW瀧本、流れ変える活躍で決勝Gも

ゲキサカ / 2014年12月15日 3時34分

[プレミアリーグ参入戦]「NIKE CHANCE」で世界挑戦した履正社FW瀧本、流れ変える活躍で決勝Gも

[12.14 高円宮杯プレミアリーグ参入戦1回戦 履正社高 4-3 静岡学園高 コカ広島ス]

 履正社高は2点リードを追いつかれた直後の後半15分に投入されたFW瀧本高志(3年)が勝ち越し点となるPK獲得と決勝ヘッドを決める活躍。チームをプレミアリーグ参入決定戦(15日、対前橋育英高)へ導いた。

 瀧本は後半18分、小学生時代から同じチームでプレーしているという左SB小川明主将からクイックでのスローインを受けると、競り合ったDFを振り切るように突進。「多少は自信はあった」と馬力のあるドリブルで強引にDFを外してゴールライン際を抜け出そうとした瀧本は、ファウルで止められてPKを与えられた。そして22分には左CKをCB長尾悠平が頭で競り勝つと、最後は「かすっただけ」と頭でコースを変えてゴールへ流し込んだ。その後は前線で力強いキープを連発。反撃に出たい静岡学園を何度も自陣へ押し戻した。ただ、高校選手権大阪府予選決勝以来、約1か月ぶりの出場だった瀧本は終盤運動量が低下。平野直樹監督は期待を口にしながらも「もうちょっと頑張ってもう1ランク上げてくれないと」と指摘し、より守備面、運動量の部分を向上させることを求めていた。

 瀧本は2年生だった昨年度の全国高校選手権でもゴールを決めているストライカーだ。その後、ナイキ社が開催している世界で戦える若き才能を発掘するスカウトプロジェクト「NIKE CHANCE」(現「NIKE MOST WANTED」)の国内選考会を勝ち抜き、今年3月にはイングランドのセント・ジョージズ・パークで行われた「グローバル ファイナル」に“日本代表”として参戦。世界30か国以上のセレクションを勝ち抜いた逸材たちとアピール合戦を繰り広げた。そしてパワフルなドリブルとポストプレーを見せたFWは選考ゲームで決勝点を決めるなど存在感を発揮。その活躍によって日本国内での注目度も高めた。

 ただ今年は左ひざや右かかとの負傷などで満足の行く結果を残すことができていない。怪我明けの現在は信頼を勝ち取り、先発の座を取り戻さなければならない状況だ。それでも選手権までにコンディションを上げることができれば、得点王争いも可能なポテンシャルがある。「(今年)注目されたら、そのプレッシャーがかかっていいプレーができなかったし、いろいろなところを怪我して怪我の時期が長かったですけど、最終的に選手権出れて、また全国大会を戦えるのは嬉しい。(きょうは)久々の試合で全然動けなかったのでまたコンディションを上げていければいいと思います」。確かな能力をピッチで発揮し、それをチームの勝利に結びつけるために、意欲的にトレーニングを重ねる。  

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
2014プレミアリーグ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング