[プレミアリーグ参入戦]エース定本の3発と堅守、米子北が初のプレミア昇格へあと1勝

ゲキサカ / 2014年12月15日 9時45分

[プレミアリーグ参入戦]エース定本の3発と堅守、米子北が初のプレミア昇格へあと1勝

[12.14 プレミアリーグ参入戦1回戦 新潟U-18 0-3 米子北高 広島一球]

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 プレミアリーグ参入戦は14日に広島県各所で1回戦を行い、広島広域公園第一球技場では米子北高(中国2、鳥取)が3-0でアルビレックス新潟U-18(北信越1、新潟)を下し、2回戦に駒を進めた。米子北はプレミアリーグ昇格をかけた次戦(15日)で大分トリニータU-18(九州1、大分)と対戦する。

 山陰の雄が確かな力を見せつけ、危なげない戦いぶりでプレミアリーグ昇格に王手をかけた。米子北は序盤からロングボールで相手を押し込み、11分には相手の左からのスローインをキャッチしたGK中原創太が素早く相手陣内左にキックを展開。相手DFの処理ミスが定本佳樹の足下に落ちると、定本はすかさずGKの位置を見極めて、ループシュートを沈めた。「10分足らずで点が奪えたので、選手たちに気持ちの余裕が出来た」(城市徳之監督)とリズムに乗った米子北は19分にも右サイドでボールを持ったMF松本浩輝がゴール前にパスを入れると、FW谷口喬亮からMF君垣隆義とダイレクトで繋がり、ラストは定本。密集を冷静にかわして、追加点を奪った。

 幸先良く2得点した米子北は、城市監督が「ウチに付き合って、相手がロングボールを蹴ってくれたら楽だなと思っていた」と振り返ったように守備でも余裕を持って対応。MF手塚峻一朗を起点に配球されるロングフィードから、FW鎌田啓義らの飛び出しを狙う相手の攻撃を、DF嶋田遼允を中心にしっかり跳ね返した。そして、奪ってからは新潟陣内へと素早く展開し、ボールが収まる定本を起点に君垣、松本の両翼が果敢に突破。弾かれてもセカンドボールをMF小長裕也、勝田玲央のダブルボランチがしっかりと回収し、二次攻撃に繋げた。

 ここまでは理想通りの流れで試合が進んだが、前半の終わりに近づくにつれて「ドリブルでのやられた方が嫌だった」(城市監督)との言葉通り、MF廣岡亮、DF小池裕太の左サイドから積極的に仕掛けた新潟攻撃に苦しむことに。新潟は31分、クリアボールを中央で廣岡が収めると、左サイドへスルーパス。これを受けた鎌田がドリブルからシュートを狙ったが、枠を捕えることができず。37分にも右サイドでのカットから最終ラインで繋いで左前方にパスを通すと、廣岡のタメから小池がオーバーラップしてPAに低いクロス。一度は米子北DFに弾かれたが、廣岡が高い位置で拾ってミドルシュートを狙った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング