[プレミアリーグ参入戦]大分U-18のプレミア昇格に貢献したMF姫野「来年は優勝してJ1に上がりたい」

ゲキサカ / 2014年12月16日 12時1分

[プレミアリーグ参入戦]大分U-18のプレミア昇格に貢献したMF姫野「来年は優勝してJ1に上がりたい」

[12.15 プレミアリーグ参入戦2回戦 米子北高 1-3 大分U-18 広島一球]

 来季、大分トリニターU-18から大分のトップチームへ昇格するMF姫野宥弥(3年)は「1年目から試合に出る気持ちでいきたい。今年、プレーオフにぎりぎりで行けなかった。来年は優勝してJ1に上がりたい」と宣言した。「運動量多くてチームに欠かせない存在だった」(山崎哲也監督)というプレーで大分U-18をプレミアリーグ昇格へ導いた姫野は「自分はユースが終わってもトリニータ。ユースは近い存在にあるので、プレミアという舞台を下の学年に残したかったですね」という目標を達成。今年同様、来年はトップチームの昇格に全力を尽くす意気込みだ。

 登録は身長162cm、体重58kg。プロ入り後は身体面で苦戦を強いられることもあるかもしれない。だが、溢れんばかりの闘争心と相手の攻撃を潰す運動量、意識して磨いてきた体幹の強さ、そして万能性も武器とするMFはこの日の試合でも豊富な運動量を発揮して相手にプレッシャーをかけ、セカンドボールの攻防戦を大分に傾けた。そして小柄だからこそ、意識しているというサイドチェンジで攻撃の起点となる役割も果たしていた。そして掴んだ勝利。「2連戦ということもあってキツイというのはあったんですけど、自分の持ち味の運動量とかは出せたと思います」と会心の笑みを見せた。

 「一番の目標」として掲げていたプレミアリーグ昇格を果たし、これからプロとしての挑戦が始まる。「今よりも筋力をもっとつけて、デカい相手と競り合っても耐えて行けるような筋力トレーニングをもっとやっていきたい」と語った姫野は、「小さい頃からトリニータを見てきた。若い選手が増えてきて自分にもチャンスがあると思うので自分も狙っていきたい」。これまで以上の努力で自らの可能性を広げること。そしてJ1昇格に貢献する。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
2014プレミアリーグ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング