F東京GK圍がセリエBのボローニャに移籍か?伊メディア報じる

ゲキサカ / 2014年12月18日 11時41分

 今季、桃山学院大からFC東京に加入したGK圍謙太朗がセリエBのボローニャに移籍する可能性があると、イタリア『トゥット・ メルカート』が報じている。

 報道によると、ボローニャは圍に入団テストを受けさせ、コーチングスタッフが納得するようなプレーが見られれば、移籍が実現する可能性があると伝えている。

 圍は身長190センチの長身でハイボールへの対応や至近距離からのシュートストップに優れ、キックの精度や飛距離にも定評のあり、大学時代には全日本大学選抜などに選出された経歴を持つGK。プロ1年目の今季は出場機会に恵まれなかったが、今月16日に来季の契約更新がクラブから発表されたばかりだった。

 かつて元日本代表MF中田英寿も所属したボローニャは、昨季セリエAで19位に終わり、セリエBに降格。今季はここまで18試合を終えて、7勝7分4敗の6位につけている。
▼関連リンク
セリエA2014-15特集
欧州組完全ガイド

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング