内田フル出場のシャルケ、前半戦ラストゲームはスコアレスドロー

ゲキサカ / 2014年12月21日 1時41分

内田フル出場のシャルケ、前半戦ラストゲームはスコアレスドロー

[12.20 ブンデスリーガ第17節 シャルケ0-0ハンブルガーSV]

 ブンデスリーガは20日、第17節2日目を行い、DF内田篤人の所属するシャルケはホームでハンブルガーSVと対戦し、0-0で引き分けた。内田はフル出場したが、連勝ならず。前半戦は8勝3分6敗の5位で終え、中断期間に入った。

 試合は前半から一進一退の攻防となった。シャルケは前半19分、カウンターからFWエリック・マキシム・シュポ・モティングがドリブルで持ち込み、自ら右足ミドルを狙ったが、ゴール右へ。互いになかなか決定機をつくるところまでは至らず、前半はスコアレスで折り返した。

 ハンブルガーSVは後半5分、MFルイス・ホルトビーが決定的なシュートを放つが、GKラルフ・フェーマンがビッグセーブ。シャルケは後半23分、オーバーラップしてきた内田がPA内でDFクレーベルと交錯し、倒れる場面もあったが、主審の笛は鳴らなかった。

 その後も両チームの守護神が好セーブを見せ、最後までゴールは生まれず。0-0のスコアレスドローで勝ち点1を分け合った。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング