30年ぶり降格圏で前半戦終了のドルトムント、クロップ監督の続投を強調

ゲキサカ / 2014年12月22日 11時22分

30年ぶり降格圏で前半戦終了のドルトムント、クロップ監督の続投を強調

 20日に行われたブンデスリーガ第17節でブレーメンと対戦し、1-2で敗れたMF香川真司の所属するドルトムントは降格圏の17位で中断期間を迎える。クラブ公式ウェブサイトによると、降格圏で前半戦を終了するのは30年ぶりのこととなった。

 しかし、ブレーメン戦翌日にユルゲン・クロップ監督の続投が明らかになったことをブンデスリーガ公式ウェブサイトが伝えている。

 クロップ監督はブレーメン戦と同日にハンスヨアヒム・バツケ社長、ミヒャエル・ツォルク・スポーツディレクター(SD)と数時間の話し合いを行い、続投が決まった模様。ツォルクSDは「難しい状況をともに抜け出せると確信している」と指揮官への信頼を強調している。

▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング