甲府が22歳と20歳のブラジル人助っ人獲得

ゲキサカ / 2014年12月27日 16時35分

甲府が22歳と20歳のブラジル人助っ人獲得

 ヴァンフォーレ甲府は27日、ヴィトーリアからMFウィリアム・エンリケ(22、写真)を、パルメイラスからMFブルーノ・ジバウ(20)をそれぞれ期限付きで獲得したと発表した。いずれもメディカルチェック後に正式契約を結ぶ。期間は2016年1月1日までとなる。

 22歳のウィリアム・エンリケは身長178cmのMF。クラブは「左利きでスピードがあり個人で局面を打開しチャンスを生むことが出来る選手」と紹介している。

 またU-20ブラジル代表候補の経歴を持つブルーノ・ジバウは身長は181cm。クラブは「運動量があり、キックの精度も高くミドルシュートも魅力。展開力を武器に攻撃の起点になれる選手」と期待を寄せた。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング