[選手権]懸命な守備みせるも敗戦…遠野DF杉山主将「力の差を見せつけられた」

ゲキサカ / 2014年12月31日 17時38分

[選手権]懸命な守備みせるも敗戦…遠野DF杉山主将「力の差を見せつけられた」

[12.31 全国高校選手権1回戦 遠野高 1-3 草津東高 ギオン]

 懸命な守備で粘りをみせていた遠野高(岩手)だったが、最後まで踏ん張りきることはできずに初戦敗退となった。GK菊池至(3年)が好セーブをみせるなど、DF杉山航平(3年)主将を中心とした守備陣が奮闘したが1-3での敗戦という悔しい結果に終わった。

 試合後、杉山主将は「決めきるところで決められなかったこと。自分を含めたDFラインが守りきれなかったことが勝敗を分けたと思う」と肩を落とした。

 立ち上がりこそ硬さをみせたものの、風上に立った前半はロングボールを拾ってはチャンスを迎えた。前半12分に先制点を献上しながらも、同26分には同点弾。風に乗って前線へ流れたボールから、最後はFW須藤和輝(2年)がシュートを決めた。1-1と試合を振り出しに戻し、後半を迎えた。

 しかし一転して、後半は厳しい戦いを強いられた。風下に立ち、押し込まれるとシュートまで持ち込むことができない。最終ラインが踏ん張り、なんとか跳ね返すも攻撃に転じることはできなかった。

 それでもGK菊池がシュートを弾くなど、守備陣が奮闘。あと一歩のところで防いでいたが、ついに後半9分に耐え切れずに失点。PA内でのこぼれを拾われ、立て続けに5本以上のシュートを許すと失点した。その後もシュートまで持ち込めずに、後半37分に3失点目。2点差に離されると、1-3で試合は終了した。

 杉山主将は「高さや球際の強さなど、力の差をみせつけられた」と振り返った。風下に立った後半に押し込まれた状況となったが、試合後には一言も言い訳は口にせず。「たしかに風の影響はあったかもしれないが、そこで守りきるのもサッカー。それができなかったのが悔しい」と唇を噛んだ。

(取材・文 片岡涼)
(写真協力『高校サッカー年鑑』)▼関連リンク
【特設】高校選手権2014
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング