[選手権]後半5分間での逆転劇!岐阜工が香川西を下し2回戦へ!!

ゲキサカ / 2014年12月31日 20時12分

[選手権]後半5分間での逆転劇!岐阜工が香川西を下し2回戦へ!!

[12.31 全国高校選手権1回戦 岐阜工高 2-1 香川西高 味フィ西]

 第93回全国高校サッカー選手権1回戦が31日に行われた。味の素フィールド西が丘の第2試合では、「練習試合で4回対戦している」(清本勝政監督)という顔なじみの両軍が激突。互いの長所を知り尽くした同士の一戦は、FW松田将太(3年)が前半に先制するも、後半に入りFW永田薫(3年)とMF立花稜也(3年)のゴールで岐阜工高(岐阜)が逆転。2-1で香川西高(香川)を下して初戦突破を決めた。

 互いに様子を見てくると思われた試合は、前半早いうちにスコアが動く。先制したのは、過去4試合で「ずっとやられている」(大浦恭敬監督)という香川西だった。16分、右のSHに入ったキャプテン、FW藤岡航世(3年)のグラウンダーのクロスから、FW蓮井翔(2年)が松田へとつなぐと、最後は右足で押し込んだ。「いいスピードで入ってきて潰れてくれた」。大浦監督は、ニアサイドで潰れ役になってゴールをお膳立てした蓮井に賛辞を贈った。

 県大会5試合をすべて完封で勝ち抜いた岐阜工は思わぬ失点を喫したが、「とりあえず前半を0-1で折り返してくれれば、何とかハーフタイムで修正しようと思っていた」と早い時間での失点だったため、指揮官の想定内だった。チームのストロングポイントのひとつであるヘディングで、MF永田泰弘(3年)やMF花井俊介(3年)がゴールを狙ったが無得点のまま最初の40分は過ぎた。

「このまま終わったら絶対に悔いが残るはずだから、きちっと気持ちを込めて、とりあえず1点を取りに行こう」。ハームタイム、監督に檄を飛ばされた岐阜工は後半、積極的に打って出る。12分のMF立花稜也(3年)のミドルシュートはクロスバーに嫌われてしまったが、その1分後にはMF熊谷利紀(2年)の左CKを永田薫がファーサイドでヘディングで捉え、試合を振り出しに戻す。

 なおも岐阜工の勢いは止まらない。同点から5分後の後半18分、途中出場のMF安田善裕(3年)がスピードで右サイドを切り裂き、クロスを上げると、立花がヘディングで合わせる。一度はGK樫根成生人(2年)が好反応でしのいだが、そのこぼれ球を立花自らが押し込み逆転。わずか5分間での逆転劇を、「あの10分くらいの間だけ集中力を欠いた」と香川西の大浦監督は嘆いた。

 1点のリードを許した香川西は、有効な交代策を講じることができない。「それまでずっと悪かった松田が点を入れた。ちょうど松田を代えようと思っていたが、逆に代えづらくなった」(大浦監督)。結局、交代枠は1つしか活用することができなかった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング