[選手権]前橋育英鈴木&渡邊、世界を知る2人が全国制覇誓う

ゲキサカ / 2015年1月1日 11時20分

[選手権]前橋育英鈴木&渡邊、世界を知る2人が全国制覇誓う

 2日に行う2回戦からの登場となる前橋育英高(群馬)は、味の素フィールド西が丘で初芝橋本高(和歌山)と対戦する。今季は主将としてチームを引っ張ってきたMF鈴木徳真(3年=写真左)は、「自分たちはいつも通りやることをやってきただけです。自信ですか?なかったら戦えないと思います」と言い切った。

 大黒柱となるのは、世界を知る2人だ。鈴木とMF渡邊凌磨(3年)は世代別代表の常連で、一昨年UAEで開催されたU-17W杯にも出場。ベスト16進出に貢献した。ただ2人はともに前橋育英高でタイトルを獲得したいという強い思いを持っている。

 得点王の期待もかかる渡邊が「チームに貢献して全国制覇。高校3年になってすぐに立てた目標でもある。絶対に達成したい」と話せば、鈴木も「優勝することが目標ですけど、まずは目の前の一戦一戦。そこに100%の力で臨んで、お世話になった方々に恩返しがしたい。友達もたくさん来てくれると言っていたので、仲間の分まで頑張りたい」と闘志を燃やした。

(取材・文 児玉幸洋)【特設】高校選手権2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング