チェフに感謝するモウリーニョ「チェルシーのために全てを尽くしてくれた」

ゲキサカ / 2015年7月2日 20時29分

チェフに感謝するモウリーニョ「チェルシーのために全てを尽くしてくれた」

 ライバルチームへの移籍が決定したGKペトル・チェフへチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が感謝の気持ちを語った。クラブ公式サイトが伝えている。

 2004年夏にチェルシーに加入し、長い間正守護神として君臨してきたチェフ。しかし、2014-15シーズンにアトレティコ・マドリーからチェルシーに復帰したベルギー代表GKティボー・クルトワにポジションを奪われ、出場機会が減少。ベンチを温める日々が続き、今季わずか7試合の出場に留まり、先月29日にアーセナル移籍が発表された。

 モウリーニョ監督は「常に残留を願っていたが、正ゴールキーパーとしてのプレーを求めているチェフを止める理由はない。クラブへの貢献を考えれば、チェフの決断は尊重されるべきだ」と大きな決断をしたチェフを擁護した。

 また、モウリーニョ監督はチェフへの感謝の気持ちも示し、「11年間、チェルシーにために全てを尽くしてくれた。どれだけのタイトルがもたらされたか…。チェフがこのクラブに遺したものは変わらない。彼の貢献には心から感謝している」と語った。
●プレミアリーグ2014-15特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング