お騒がせ男スターリング、約93億円でマンC移籍合意へ

ゲキサカ / 2015年7月13日 12時43分

お騒がせ男スターリング、約93億円でマンC移籍合意へ

 移籍騒動の渦中に置かれていたリバプールMFラヒーム・スターリングのマンチェスター・シティ移籍が合意に達したとイギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

 ブレンダン・ロジャース監督との不仲もささやかれ、リバプールの提示する新契約のサインを拒んできたスターリング。リバプールの練習を欠席し、プレシーズンツアーへの不参加を要請するだけでなく、携帯電話の番号がネット上にさらされて約3200件以上もの中傷メッセージが届くなど世間を騒がせていた。

 スターリング獲得に熱心だったシティは、獲得に向けて2度のオファーを出したと報じられており、その2度目のオファーでは4000万ポンド(約78億円)を提示したが、リバプールに拒否されてしまった。それでも今季無冠に終わったシティは諦めがつかず、3度目のオファーを準備しており、今度はリバプールが望む5000万ポンド(約96億円)を数日中に提示すると報じられていた。

 そして、今回のオファーでは4900万ポンド(約93億円)の移籍金をシティが提示し、クラブ間合意に達した模様だ。

●2015-16シーズン欧州移籍情報
●プレミアリーグ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング