C大阪がFC大阪に敗れる!!各地で“ジャイキリ”続々:天皇杯1回戦

ゲキサカ / 2015年8月29日 20時7分

 第95回天皇杯の1回戦が各地で行われた。今大会は1回戦からJクラブが登場。各地でそのJクラブが敗れる波乱が起きている。

 最も驚きを与えたのは、J2のセレッソ大阪が大阪府代表のFC大阪(JFL)に1-2で敗れたことだ。前半29分にMF高橋周也に先制弾を許すと、同35分にはFW中村亮太に追加点を奪われる。C大阪はようやく後半29分にFW永井龍のゴールで反撃。さらに同32分に相手が退場者を出したことで猛攻を仕掛けるが、最後まで同点弾を奪うことは出来なかった。FC大阪の2回戦は、8月30日に行われる愛媛FC対多度津FCの勝者と対戦する。

 他会場でも“ジャイアントキリング”(番狂わせ)は起きている。J2・栃木SCが0-0から突入したPK戦の末に茨城県代表の流通経済大に3-4で敗れ1回戦敗退。岐阜県代表のFC岐阜セカンド(東海社会人L)と対戦したJ2・ザスパクサツ群馬も1-2で敗れた。JFLの鹿児島ユナイテッドFCも下部リーグの松江シティFCに0-1で敗れている。

●第95回天皇杯特設ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング