王者ユーベが史上初の開幕連敗!!ローマが大一番制し今季初勝利

ゲキサカ / 2015年8月31日 3時7分

王者ユーベが史上初の開幕連敗!!ローマが大一番制し今季初勝利

[8.30 セリエA第2節 ローマ2-1ユベントス]

 セリエAは30日、第2節2日目を行った。ローマはホームでユベントスを2-1で撃破。今季初勝利を挙げた。5連覇を目指すユベントスはまさかの連敗発進となった。

 スコアが動いたのは後半に入ってからだった。16分、ローマはゴール前左でFKを獲得すると、MFミラレム・ピアニッチが直接狙う。壁に入った選手の頭上をギリギリ越えたボールは、ゴール左隅に。名手・ジャンルイジ・ブッフォンも一歩も動くことは出来なかった。

 次に試合が動いたのは後半33分、ユベントスはMFパトリス・エブラが2枚目のイエローカードを貰ってしまい退場。ビハインドの状況で、数的不利まで強いられる苦しい展開になった。

 すると直後の後半34分、ローマがFWイアゴ・ファルケ・シルバの折り返しをFWエディン・ジェコがヘディングで合わせて加点。新戦力ホットラインで、勝利をグッと引き寄せた。

 ユベントスは後半42分、MFロベルト・ペレイラのパスをFWパウロ・ディバラが押し込み、今季初ゴールを奪う。意地の1点を返すが、反撃もここまで。後半アディショナルタイムにDFレオナルド・ボヌッチが打ったヘディングシュートもGKボイチェフ・シュチェスニーのビッグセーブに阻まれた。王者の足踏み。開幕連敗はクラブ史上初のことだ。

●セリエA2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング