[CL]不振スタートのユーベが絶好調シティに敵地で鮮やか逆転勝ち!

ゲキサカ / 2015年9月16日 7時34分

[CL]不振スタートのユーベが絶好調シティに敵地で鮮やか逆転勝ち!

[9.15 欧州CLグループリーグ第1節 マンチェスター・C1-2ユベントス]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)2015-16のグループステージが15日、各地で開幕した。D組では昨季準優勝のユベントス(イタリア)が敵地でマンチェスター・シティ(イングランド)と対戦し、2-1で勝利した。第2節は9月30日に行われ、ユベントスはホームでセビージャ(スペイン)、シティは敵地でボルシアMG(ドイツ)と対戦する。

 リーグ戦で3戦未勝利とまさかの苦戦を強いられているユベントスだが、敵地で見事な逆転勝利を飾った。先制はシティだった。後半12分、左サイドからのCKがゴール前に上がると、DFジョルジョ・キエッリーニの背後からDFビンセント・コンパニがジャンプ。クロスボールはジャンプ出来なかったキエッリーニの頭に当たって、ゴールに吸い込まれていった。抑えつけられたとキエッリーニは必死にファウルを主張したが、認められることはなかった。

 しかし、ユベントスが意地を見せたのはここからだった。まずは後半25分、左サイドでボールを持ったMFポール・ポグバがDFの裏に鋭いロングパスを入れると、FWマリオ・マンジュキッチが右足で飛び込む。わずかにコースを変えたシュートは、右ポストをかすめてシティに今季公式戦初失点を記録させる。さらに同36分、DFからのロングボールがペナルティーアーク付近にこぼれると、FWアルバロ・モラタが思い切って左足を振り抜く。これが左ポストを捕え、そのままゴールネットに収まった。今季セリエAで3試合を終えて勝ち点1スタートとなったユベントスが、プレミアリーグで5連勝と絶好のスタートを切ったマンCを逆転で下した。

●欧州CL15-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング