[CL]“背水”アーセナルが初勝利…バイエルンの公式戦連勝は12でストップ

ゲキサカ / 2015年10月21日 5時52分

[CL]“背水”アーセナルが初勝利…バイエルンの公式戦連勝は12でストップ

[10.20 欧州CLグループリーグ第3節 アーセナル2-0バイエルン]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は20日、各地でグループリーグ第3節を行い、F組では開幕2連敗中のアーセナル(イングランド)がホームでバイエルン(ドイツ)を2-0で下し、今大会初勝利を飾った。バイエルンは公式戦12連勝でストップ。今季公式戦初の無得点に終わり、今大会初黒星を喫した。

 序盤はアウェーのバイエルンがチャンスをつくり出すが、前半28分、MFアルトゥーロ・ビダルの右足ミドルはGKペトル・チェフがセーブ。アーセナルも同31分、MFサンティ・カソルラの右CKからこぼれ球をFWアレクシス・サンチェスが狙うが、クロスバーの上へ。同33分には左クロスからFWセオ・ウォルコットがフリーでヘディングシュートを放つが、GKマヌエル・ノイアーが左手1本で弾き出した。

 両チームの守護神が安定感のあるセービングを見せ、前半をスコアレスで折り返すと、後半も拮抗した展開が続く。バイエルンは後半6分、MFダグラス・コスタの左足ミドルがゴール上へ。同9分、こぼれ球を右足で狙ったFWロベルト・レワンドフスキのシュートもチェフに阻まれた。

 アーセナルは後半12分にアクシデント。MFアーロン・ラムジーが右太腿裏を痛め、MFアレックス・オクスレード・チェンバレンとの交代を余儀なくされた。同29分にはウォルコットに代わってFWオリビエ・ジルが入る。すると直後の後半32分だった。

 右後方からカソルラがゴール前にFKを蹴り込むと、ノイアーがゴールを空けて飛び出したが、ボールに触れることができず、ゴール前に走り込んだジルが体勢を崩しながらも頭で押し込んだ。後半アディショナルタイムには高い位置でボールをカットしたDFエクトル・ベジェリンが快足を飛ばしてPA内右に切れ込み、ゴール前にクロス。MFメスト・エジルが左足で押し込み、2-0と勝利を決定づけた。

 開幕2連敗を喫し、背水の陣で臨んだ一戦に勝利をおさめたアーセナル。公式戦12連勝中のバイエルンを完封し、グループリーグ突破に望みをつなげる大きな勝ち点3を獲得した。
●欧州CL15-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング