U-17W杯、北朝鮮が後半AT3分の劇的弾で決勝Tへ滑り込み

ゲキサカ / 2015年10月26日 15時19分

U-17W杯、北朝鮮が後半AT3分の劇的弾で決勝Tへ滑り込み

 アジア予選(AFC U-16選手権)を1位通過した北朝鮮が、劇的な展開で決勝トーナメント進出を決めた。

 チリで開催されているU-17W杯。E組最下位だった北朝鮮は、2位のコスタリカとグループリーグ最終戦に臨んだ。決勝トーナメントに進むためには勝利しかない北朝鮮は、前半14分にパク・ヨンゴンのゴールで先制。しかし後半39分にセットプレーから同点弾を許してしまう。

 それでも諦めなかった北朝鮮は同アディショナルタイム3分、FKのこぼれ球を執念で押し込み、勝ち越し。2-1で勝利した。同組の南アフリカがロシアに敗れたため、E組3位が確定。各グループ3位のうち成績上位4チームに入り、2007年大会以来の決勝トーナメント進出を決めた。

 決勝トーナメント1回戦では、29日にD組を1位通過したマリと対戦する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング