田中亜土夢所属の絶対王者HJKヘルシンキの連覇が6で止まる

ゲキサカ / 2015年10月27日 17時31分

田中亜土夢所属の絶対王者HJKヘルシンキの連覇が6で止まる

 フィンランドリーグで絶対的な強さを誇ったMF田中亜土夢の所属するHJKヘルシンキの連覇が6で止まった。

 フィンランドリーグは25日、15年シーズン最終節となる第33節を行った。最終節を3位で迎えたHJKヘルシンキは敵地でKuPSクオピオと対戦。後半31分にFWウスマン・ジャロウの挙げたゴールを守り抜き、1-0で勝利した。田中もフル出場して、勝利に貢献した。

 しかし、首位のSJKセイナヨキもホームで最下位のFFヤロに2-0で快勝。2位のRoPSロバニエミも4-1で勝利したため、順位は変わらず、7連覇の夢は潰えてしまった。

 なお、優勝したSJKセイナヨキは2007年に創設された振興クラブ。創設8年目、1部リーグ昇格2年目での悲願達成となった。
●欧州組完全ガイド

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング