特別動画でメッシがクラブW杯用スパイクを披露、FKの名手も蹴り方を伝授

ゲキサカ / 2015年12月9日 11時10分

 アディダス公式YouTubeチャンネルで放送中のUEFAチャンピオンズリーグスペシャル番組『Gamedayplus』にバルセロナのFWリオネル・メッシが登場し、FIFAクラブワールドカップで着用する「MESSI 15.1」の新カラーをお披露目している。

 素足感覚、しなやかなボールタッチ、軽量性など、メッシがスパイクに求めるあらゆる要素を実現したメッシ専用のフットボールスパイク「MESSI 15.1」。コアブラック×ソーラーグリーン×ソーラーレッドの新カラーは、3年ぶりに日本で開催されるFIFAクラブワールドカップで着用予定となっている。

 自身が開発段階から深く関与した専用モデルについてメッシは「カギとなるのは、ワンタッチパスができるか、サイドからサイドへの移動ができるか、最後に相手ゴール周辺でディフェンスをかわせるかどうか。試合展開のスピードアップには、迅速な動作が必要」となど語っている。

 番組ではバルセロナMFイバン・ラキティッチの自宅も公開。数々のトロフィーが飾られた部屋でインタビューに応じている。また、レバークーゼンのMFハカン・チャルハノールも登場し、近距離のFK、遠距離のFKそれぞれの蹴り方を実践。現代サッカーを代表するFKの名手が、そのテクニックを余すことなく“伝授”している。

▼アディダスの最新スパイク「X / ACE」はこちら

★関連ニュースはアディダス クリエイティブ マガジンでチェック

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング