横浜FCが山形からDF西河を完全移籍で獲得

ゲキサカ / 2015年12月21日 15時12分

 横浜FCは21日、DF西河翔吾(32)をモンテディオ山形から完全移籍で獲得したと発表した。

 広島県出身の同選手は2004年に広島修道大からサンフレッチェ広島に入団してプロキャリアをスタート。2006年に徳島に移籍。山形には2009年に加入した。これまでJ1通算90試合4得点、J2通算158試合8得点と経験豊富で、長年、山形の守備を支えていた。

 完全移籍で加入することになった32歳は、クラブを通じ、「チームのため、勝利のために全力で戦います」とコメントした。
●2016年Jリーグ移籍情報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング