仙台DF村上が現役引退「17年間ありがとうございました」…今後はアカデミースタッフに

ゲキサカ / 2015年12月28日 16時32分

 ベガルタ仙台は28日、DF村上和弘(34)の15年シーズン限りでの現役引退、アカデミースタッフ就任を発表した。村上は11月17日に契約満了が発表されていた。

 村上はクラブを通じて、「契約満了のリリースから1か月、トライアウトにも参加したり、選手としての価値や執念を表現しようと、もがき苦しんできました。『まだ、やれる!』『まだ、やりたい!』と思う一方で、新しいスタートを切るタイミングなのかなという思いもありました。ズルズルとひっぱって仕方なく辞めるよりは、自分で決断して終わりにしようと決めました」と引退に至った経緯を説明。

 そして、「これまでに係わった全ての関係者のみなさまに、心から感謝しています。両親、姉兄にも感謝しています。そして何より一番近くで毎日支えてくれた妻には、どれだけ言ってもたりないですが、この場をかりて「ありがとう!」と言わせて下さい。ラストゲームで息子たちとユアスタに入場できたことも家族にとっての大きな財産になりました。17年間、本当にありがとうございました」と周囲への感謝を示した。

●2016年Jリーグ移籍情報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング