関東中心に熱戦展開されたプレミアリーグU-11、3月にチャンピオンシップを開催へ

ゲキサカ / 2016年2月24日 10時13分

「U-11年代のサッカーにおいて、より高いレベルを目指す選手や指導者たちが、1シーズンを通じて真剣勝負が出来る舞台として、本リーグを整備し、互いに切磋琢磨できる環境を作る」という設立趣旨の下、関東を中心とした1都、6県で開催されたプレミアリーグ U-11 2015。その成績上位チームなど16チームが参加して開催される「CLIMB Factoryプレミアリーグ U-11 チャンピオンシップ 2016」(3月11日=千葉、3月12日=東京)の大会要項が発表された。

 大会には新潟、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川の各都県プレミアリーグ上位2チームの14チームと、開催地2チームの計16チームが参加。4チームずつの4グループに分かれて1次ラウンドが行われ、各グループ上位2チームの計8チームが決勝ラウンドへ進出する。

プレミアリーグ U-11 ホームページ
(※別サイトへ移動します)

以下、大会要項
■大会名称:
CLIMB Factoryプレミアリーグ U-11 チャンピオンシップ 2016
■主催:
プレミアリーグ U-11 実行委員会
■特別協賛:
CLIMB Factory 株式会社
■協賛:
umbro、株式会社AS CASA、uhlsport、株式会社ビーンジャム、ウタマロ
■運営協力:
Football Leaders in Tokyo株式会社パラディボーレ、有限会社カパオロノ、Football Leaders in Tokyo
■期日:
平成28年3月12日(土) 1次ラウンド
平成28年3月13日(日) 決勝ラウンド
■会場:
【1次ラウンド】
北市川フットボールフィールド(千葉県市川市柏井町4丁目294-5)
【決勝ラウンド】
清瀬市内山運動公園サッカー場(東京都清瀬市下宿3丁目1375)
■参加チームとその数:
プレミアリーグ U-11 2015の7都県(新潟、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川)成績上位の計14チームと開催地チーム計2チームの合計16チーム
■表彰:
【優勝チーム】
カップ、賞状、副賞、選手全員(20名まで)にTシャツが贈られる。
【2、3位チーム】
トロフィー、賞状が贈られる。
【得点王、ベストGK賞】
副賞が贈られる。
■競技方法:
1) 1次ラウンドはリーグ戦とし、4グループに分ける。各グループ上位2チームが決勝トーナメント(ベスト8)、 下位2チームが下位トーナメントに進出する。1次ラウンドは、勝点で決定する。なお決しない場合は、当該チーム間の対戦成績、得失点差、総得点で決定する。さらに決しない場合は、抽選によって決定する。1次ラウンドにおける勝点は、勝ち:3点、引き分け:1点、負け:0点、不戦敗は-1点とし、不戦勝の得点は5-0とする。
2) 1次ラウンド後、決勝トーナメントを実施し、優勝チームを決定する。決勝トー ナメントにおいては、同点の場合はPK方式により次回戦進出チームを決定する。 決勝戦・三位決定戦のみ10分間(5-5※ハーフタイムなし)の延長戦を行う。それでも決しない場合は、PK方式により優勝・三位チームを決定する。
■競技規則:
1) 本要項以外は、(公財)日本サッカー協会「8人制サッカー競技規則」による。
2) 試合時間は30分(15分ハーフ、インターバル5分)とする。
3) 退場を命じられた選手は、本大会の次の1試合に出場することはできない。
4) 本大会中に警告を2回受けた選手は、次の1試合に出場できない。
8) 試合球:大会主催者が用意する。
■組み合わせ:
組み合わせは、大会主催者が抽選にて行う。
■審判:
1人制にて行い、審判員は大会主催者が手配する。
■大会参加費:
10,000円/チーム
■その他:
1)傷病手当については、救急車の手配は行うが、その後についてはチームの責任において処置すること。
2)ゴミは、すべて各チームで持ち帰ること。
3)本大会は参加者の負傷・傷害に対して、一切の責任を負わないものとする。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング