リトルなでしこが男子高校生に6失点完敗…「課題を分析して改善したい」

ゲキサカ / 2016年4月20日 12時42分

 高知県内でトレーニングキャンプを行っているU-20日本女子代表候補が19日、明徳義塾高と練習試合を行った。高校3年生中心の男子相手にどこまで通用するのかを試す場だったが、完敗に終わった。

 JFAによると、試合は40分3本マッチで行われた。序盤から出足の早い男子高校生相手にパスをつなぐことが出来ないリトルなでしこは、1本目は12分の1失点で耐えたが、2本目は2点、3本目は3点を奪われた。

 同代表は11月にパプアニューギニアで開催されるU-20女子W杯に出場するための強化を進めている。次期なでしこジャパン監督最有力候補の高倉麻子監督は「(本大会では)ナイジェリアやカナダ、スペインといったいずれも自分たちよりフィジカルの強い強豪国を相手に勝ち抜いていかなければいけない」と、男子高校生相手の練習試合の意図を説明。「今日の試合で出た課題を分析し、改善していきたい」と前向きに話した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング