水戸が開始5分弾を守り抜き千葉に勝利! 約1年11か月ぶりの2連勝

ゲキサカ / 2016年4月29日 19時10分

[4.29 J2第10節 水戸1-0千葉 Ksスタ]

 水戸ホーリーホックはホームにジェフユナイテッド千葉を迎え、開始5分の先制点を守り抜き、1-0で勝利した。水戸は2連勝、千葉は2連敗で3試合白星なしとなった。

 水戸は前半5分、左CKを得るとキッカーのMFロメロ・フランクがインスイングのボールをゴール前に入れる。これをニアに走り込んだDF宋株熏がヘッドで合わせ、先制点。宋株熏の移籍後初ゴールで水戸が先手を取った。さらに同41分にはカウンターからMF湯澤洋介がドリブルで左サイドを駆け上がり、中央にカットインして右足を振り抜いたが、GK佐藤優也の正面。前半のうちに追加点とはならなかった。

 後半はなかなか決定機が生まれない展開。終盤に向けてオープンになり、FW船山貴之やFWオナイウ阿道を投入している千葉に得点の匂いが漂い出す。同40分、MF町田也真人がふわっとしたボールをゴール前に入れる。これをDFイ・ジュヨンがヘッドで合わせるもGK本間幸司に防がれる。直後の同41分にも船山のシュートはGK本間に止められ、最後までゴールネットを揺らすことができなかった。

 1-0で逃げ切った水戸は2試合連続の完封勝利。連勝は2014年5月18日の第14節・京都戦以来、約1年11か月ぶりとなった。試合後のインタビューで西ヶ谷隆之監督は「良かったです!2つ、3つ続けてホームに戻ってきたいです」と連勝を喜んだ。また、27日に39歳になったGK本間は「めでたくないですけどね。まだまだおやじじゃないですし、いい味出して頑張っていきたい」と今後の活躍を誓った。
●[J2]第10節 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング