[NB CHAMPIONSHIP U-13]反省して成長に繋げる鹿島つくばJY、FC東京U-15むさしとの再戦制して決勝進出!

ゲキサカ / 2016年7月25日 6時58分

[NB CHAMPIONSHIP U-13]反省して成長に繋げる鹿島つくばJY、FC東京U-15むさしとの再戦制して決勝進出!

[7.24 NB CHAMPIONSHIP U-13準決勝 FC東京U-15むさし 0-1 鹿島つくばJY 時之栖裾野D]

 強豪24チームが優勝を争う“全国大会級”のU-13大会、「newbalance CHAMPIONSHIP U-13/2016」は24日午後、準決勝を行い、鹿島アントラーズつくばジュニアユースがFC東京U-15むさしに1-0で勝利。鹿島つくばJYは25日の決勝でFC LAVIDAと戦う。

 一進一退の攻防戦を制したのは鹿島つくばJYだった。前半、正確なパスワークで攻撃を組み立てるFC東京U-15むさしが、スピードのあるMF大迫蒼人やFW田中英泰の抜け出しからのシュートなどによって鹿島つくばJYゴールを強襲。だが、GK高橋楓中心に乗り切った鹿島つくばJYはFW五町蓮のドリブルシュートやカウンターなどで反撃する。

 ボールを握って攻めるFC東京U-15むさしは後半もFW桜井秀斗がカットインから右足シュートを枠に飛ばすなど攻めるが、鹿島つくばJYは高橋が好反応でシュートを阻止したほか、CB石井里杏やCB森山駿、左SB相木海翔が対人で粘り強い対応を見せるなど得点を許さない。逆に後半スプリントの回数を増やした右SB山口諒真が決定的なクロスを配球したほか、右クロスからMF立山大祐がポスト直撃のシュートを放つなどサイド攻撃で押し返した。

 鹿島つくばJYは1回戦から先発8人をスイッチ。土田哲也監督は試合展開によっては主力CB福原陽向の投入も考えていたという。だが、奮闘を見せる先発選手たちを信頼。「他のメンバーでやったのは自信になったと思います」。そして迎えた後半終了間際の24分、鹿島つくばJYは縦パスで相手の背後を取ったFW中山隼が右足シュートをゴールへ叩き込んだ。「最高です!」と喜んだ中山を筆頭に最後まで走り切ったイレブンは1-0で勝利。決勝進出を決めた。

 土田監督は「試合を重ねるごとに反省して見直すことが一番大事」と説明する。鹿島つくばJYの決勝進出は反省を見直して掴んだものでもあった。この日の午前中、鹿島つくばJYは予選リーグ最終節でFC東京U-15むさしと1-1ドロー。相手のプレッシャーの前に慌ててボールを蹴ってしまい、跳ね返されて攻めこまれた試合は、試合終了間際に何とか追いついたものの、悔しい引き分けだった。だが、再戦となった準決勝ではMF狩野隆有らがコントロールしながら攻撃。自分たちの攻撃時間を増やすと、特に後半半ば以降は連続攻撃で相手ゴールを脅かし続け、最後に1点をもぎ取った。

 反省からまたひとつ成長を示した鹿島つくばJYは優勝まであと1勝。各選手が先発や交代出場の役割を経験しながら全員で勝ち上がるチームが、準決勝からまたひとつ成長を示してタイトルを獲得する。

[写真]鹿島つくばJYのGK高橋が好守連発

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
【特設ページ】newbalance CHAMPIONSHIP U-13/2016

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング