[Blue Wave winter league 2017 中四国S-1]香川西DF津川京介「3冠を達成したい」

ゲキサカ / 2017年3月14日 19時12分

台頭が期待される香川西高DF津川京介

 中四国の強豪8チームが冬季にチーム強化と選手育成を目指す「Blue Wave winter league 2017 中四国S-1」は12日に全日程が終了した。新人戦香川県大会で優勝した香川西高は4勝1分2敗で2位。CBのポジションで軸の一人になることを期待されているDF津川京介が大会の感想や第6節、第7節が集中開催された高知県黒潮町についての印象、今年の目標などを語った。

●香川西高DF津川京介
―最終節(1-5明徳義塾高)を振り返って
「前半早い時間に失点してしまったんですけど、後半切り替えて戦うという気持ちでやっていました。後半はまだやれたと思います」

―今大会、個人的に良かった部分や課題は
「自分の目標は球際の強い選手になること。いつもはやっていない他の県の選手とか相手にやれたんで、それは通用できたと思います。あとはカバーリングやヘディングの強さをつけていきたい」

―自分の特長
「スピードがあるのでカバーリングなどを伸ばしていきたい」

―チームとしての良さは
「練習中とかはケガするというくらい、試合中でも活かせるようにみんながチャレンジしています。昨年のように悔しい思いをしないようにしたい」

―黒潮町で大会が行われたが、街の雰囲気だったり、施設の感想を教えてください
「あまり天然芝でやることはないんですけど、キレイな天然芝でやれたので良かったです」

―今年の目標を
「新人戦取れたのでインターハイも選手権も取って3冠を達成したいと思います。香川西高校を引っ張っていけるような存在になって、頑張っていきたいです」

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
黒潮町 sunabiスポーツ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング