「僕もいつの日か…」 ネイマールが“プレミア好き”を公言、移籍も示唆

ゲキサカ / 2017年3月21日 13時34分

ネイマールがプレミアリーグに移籍するのか

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールが、将来的なプレミアリーグ行きを示唆した。英『スカイ・スポーツ』が報じている。

 2013年夏にブラジルの名門サントスからバルセロナに移籍したネイマールは、ここまで176試合で99得点を記録。FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレスとの3トップは“MSN”と称され、2014-15シーズンには3冠達成に大きく貢献した。昨年1月には新たに5年契約を結んだネイマールに対して、マンチェスター・ユナイテッドやパリSGなどが獲得に興味を示している。

 英『サン』のインタビューに応じたネイマールは、「プレミアリーグのスタイルやチームが好きなんだ。いつの日か、あの場所でプレーしてみたいと思っている」と、将来のプレミアリーグ移籍の可能性を仄めかしている。

「ユナイテッドやチェルシー、アーセナル、リバプールといったチームは尊敬しているよ。彼らはつねに競争している。また、ジョゼ・モウリーニョやジョゼップ・グアルディオラのようなハイレベルな監督もいる。どんな選手であれ、ああいう監督と一緒に働きたいと思うよね」

 移籍報道の絶えないネイマールがバルセロナを離れ、イングランドでプレーする日が来るのだろうか。

●プレミアリーグ2016-17特集
●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング