1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

中学までは野球部、サッカー歴3年目で選手権ピッチ「人生の宝物になった」

ゲキサカ / 2017年12月31日 22時18分

中学までは野球部、サッカー歴3年目で選手権ピッチ「人生の宝物になった」

[12.31 全国高校選手権1回戦 明秀日立3-0高知西 ゼットエー]

 夢の舞台はあっという間だった。初出場・高知西高の背番号13、FW梅原裕也(3年)は「最初は出られると思っていなかった大会。人生の宝物になった」と振り返った。

 梅原は中学校まで野球部に所属。サッカーは好きだったが、小学校で野球を先に始めていたため、中学校でも野球を続けたという。

 ただ高校進学と同時に、「新しいものに挑戦したい」との思いで、サッカー部の門を叩いた。最初は試合に絡むことは出来なかったが、自分たちの代になるころにはレギュラーFWに定着した。

 明秀日立についてはセットプレーの対応など、多くの対策をしてきたが、それでも力の差を見せつけられた。ただ「強かった」と振り返る梅原の表情からは、夢の舞台にたどり着いた達成感がにじんでいた。
 
(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 児玉幸洋)
●【特設】高校選手権2017

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください