3戦ぶりベンチスタートの乾は途中出場…エイバル、レバンテに敗れて2連敗

ゲキサカ / 2018年3月17日 9時29分

[3.16 リーガ・エスパニョーラ第29節 レバンテ2-1エイバル]

 リーガ・エスパニョーラ第29節1日目が16日に開催され、MF乾貴士が所属するエイバルがレバンテのホームに乗り込み、1-2で敗れた。3試合ぶりにベンチスタートとなった乾は、後半12分から出場したが得点には絡めなかった。

 前半25分に試合を動かしたのはホームのレバンテだった。DFコケの浮き球のパスから右サイドを駆け上がったFWホセ・ルイス・モラレスにクロスを送られると、飛び込んだFWロジェール・マルティにジャンピングボレーでネットを揺らされ、先制を許してしまう。

 0-1とレバンテにリードされたまま後半を迎えると、同12分にエイバルベンチが動き、MFゴンザロ・エスカランテとFWイバン・アレホに代わり、乾とFWシャルレスがピッチへと送り込まれる。すると同18分、右CKをニアサイドのMFジョアン・ジョルダンが流すと、ファーサイドのシャルレスが押し込んでエイバルが試合を振り出しに戻した。

 しかし、直後の後半19分、レバンテが最終ラインから放り込んだボールをロジェールと競り合ったDFアナイツ・アルビージャがクリアミス。こぼれ球を拾ったFWエマヌエル・ボアテングにGKマルコ・ドミトロビッチまでかわされると、右足で流し込まれて再びレバンテにリードを奪われてしまった。

 反撃を試みるエイバルだったが、その後ゴールは生まれずに1-2で敗れ、2連敗を喫した。
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
●海外組ガイド

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング