トッテナムが“鬼門”突破!エリクセンの圧巻同点弾、デレ・アリ2発でチェルシーに逆転勝ち

ゲキサカ / 2018年4月2日 7時41分

クリスティアン・エリクセンが同点ゴール

[4.1 プレミアリーグ第32節 チェルシー1-3トッテナム]

 プレミアリーグ第32節が1日に行われた。スタンフォード・ブリッジではチェルシーとトッテナムが対戦し、3-1でトッテナムが勝利した。

 暫定5位(勝ち点56)のチェルシーと、同4位(勝ち点61)トッテナムによるトップ4入りをかけた重要な上位対決。試合が動いたのは前半30分だった。チェルシーは最終ラインのDFアントニオ・リュディガーがドリブルで敵陣まで運び、大きく右サイドに展開。ライン際からMFビクター・モーゼスが入れたクロスをFWアルバロ・モラタが頭で合わせ、先制に成功した。

 だが、トッテナムが前半のうちに同点に追いつく。アディショナルタイム1分、PA左手前でDFベン・デイビスのパスを受けたMFクリスティアン・エリクセンが右足を一閃。無回転気味のシュートが枠上から鋭く落ち、ゴールネットに突き刺さった。圧巻のシュートにGKウィリー・カバジェロも見送るしかなかった。

 1-1で迎えた後半、トッテナムの21歳イングランド代表MFがチームを勝利に導くパフォーマンスを披露する。まずは17分、自陣センターサークル付近からMFエリック・ダイアーが最終ラインの背後を狙ってロングパス。これに反応したMFデレ・アリが絶妙なトラップから素早く右足を振り抜き、逆転のゴールネットを揺らした。

 さらにトッテナムは後半21分、ダイアーの縦パスをエリクセンが正確なダイレクトパスで右サイドのスペースに展開すると、FWソン・フンミンが抜け出してPA右に進入。2度のシュートはGKカバジェロに防がれたが、こぼれ球を拾ったデレ・アリが粘って左足で押し込み、3-1。リードを2点差に広げた。

 試合はチェルシーに反撃を許さなかったトッテナムが3-1で勝利。1990年2月以降、チェルシーのホームで勝てなかったトッテナムが勝利を手にし、13試合負けなし(10勝3分)の5連勝を飾った。
●プレミアリーグ2017-18特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング