[MOM2485]横浜創英MF金子拓真(3年)_CBからボランチへ移って流れ傾け、ファインショット も

ゲキサカ / 2018年4月28日 22時11分

横浜創英高MF金子拓真は攻守において役割を果たして勝利に貢献

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[4.28 関東高校大会神奈川県予選5回戦 桐蔭学園高 0-2 横浜創英高 日大藤沢高G]

 前半は経験値の浅い選手を守備でカバーし、後半は攻撃の中心としてゲームメーク。そして先制点を演出し、試合を決定づける2点目も決めた。MF金子拓真は攻守において役割を全う。横浜創英高を神奈川ベスト8へと導いた。

 この日は本来のボランチではなく、CBとして先発。Bチームから抜擢された選手たちを後方からサポートした。桐蔭学園高のスピードある攻撃に苦戦しながらも0-0で前半を折り返すと、後半開始からボランチへ。「自分のリズムでプレーすることができた」という金子は3分にFW綿谷航平(3年)の先制点を演出すると、その後もシンプルにボールをはたきながら、縦パスや大きな展開を狙う持ち味を発揮する。

 そして後半32分には「相手がパスミスして自分はフリーだったので、トラップをいいところに置くことを意識してあとは振ってという感じです。狙った通りのところへ決めることができた」とインターセプトからの右足シュートを見事に左隅へ決めて勝負の行方を決定づけた。

 ボール奪取の部分とゲームメークをするだけでなく、得点を獲るボランチを目指している。攻撃時にはバランスを見ながらパスを散らすことを意識しながら、ここぞの場面を逃さずにゴール前へ。この日、前半の守備は受け身に回った部分があったようだが、目標としているゴールを決めて本人にとって満足の行く結果となった。

 金子は局面をショートパスで崩しながらゴールへ迫る“創英モデル”のサッカーの中心人物。「(全国でも)なかなかああいうスタイルでやっているチームは少ないと思うので、怖がらずにパスを繋ぎながらという創英のスタイルを結果も残しながらちょっとずつ証明していきたいと思っています」と力を込める。理想のボランチはブスケツ。「毎日動画見て勉強しながら。(DFを)外すところとか上手いので練習してという感じですね」という金子は学んでいることを活かし、チームの攻撃の質をさらに向上させる。

(取材・文 吉田太郎)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング